らんちゅう武道館オリジナルバイオバクテリア!
「水の帝」(ミズノミカド)

今までにない驚異の浄化力の液体タイプのバクテリアです。

是非一度お試しください。

金魚にとって最高の水を・・・!!
初心者でも簡単に水が作れる液体型バクテリア!!




 ※配送について→

らんちゅう武道館で使用している液体バイオ「水の帝」について紹介します。
仕事をしながら50面以上の池を一人で管理している私にとって「水の帝」は
今は大切なパートナーとなっています。
私個人の感想ですが、次の様な結果が出ています。

 @水替えのサイクルがかなり伸びた。
 A病気が出にくくなった。
 B多少、魚の数を多く入れても餌を与えながら大きく出来る。 
 Cハウス内の独特の匂いが消えた。
 D冬眠明けの魚の調子が良い。
 E鱗の艶がよくなった。

  等です。

 右の画像の2枚は、80リットルの水槽に3歳の江戸錦を
 ペアで2匹入れています。
 今年(2014年)5月に仔引きをしてから毎日餌を1日2回与えて
 いますが、一度も水替えをしておりません。
 蒸発して減った分だけをバケツで足しています。
 現在、2014年10月23日ですが、大変良い状態です。
 ランチュウに比べ、江戸錦は水質の悪化には強いと思いますが
 それにしても驚きの浄化力を持ったバクテリアだと思います。



水の帝をはこんな方におススメです。
■ 金魚の水替えが大変だと思っている。(忙しくて時間がない方)
■ 小スペースで飼育されている。
■ 室内で飼育されている。(水の匂いが少なくなります)
■ 飼っている金魚がすぐ病気にかかってしまう。
■ 青水(グリーンウォーター)がうまく作れない。

 らんちゅうだけでなく、江戸錦や桜錦、ピンポンパールなどの金魚全般、
   さらに鯉や川魚などにも使用可能。

 
「水の帝」の商品取扱い説明について 

 液体バイオ「水の帝」のお問い合わせをたくさんいただき、有難うございます。
   ご希望の方には発送もしておりますので、送料や在庫,納期等はお問い合わせください。
 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
水の帝を使って感じた事
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
2018年11月

今年は青仔からバイオ飼育を開始しました。
針仔時はやはりシュリンプの食べ残しが多い時があり、ここ数年更水飼育です。
2歳、親はやはりバイオ飼育で、特に産卵後から品評会前までは楽チン飼育が続いています。
水の帝のバイオ菌が活性化すると3か月は水の全換えはなくなります。
(但し水槽は月に1回位掃除しないと、夏場ユスリ蚊がわきます。)
今年、大きな変化が出たのは当歳でした。
当然、青仔から秋までバイオを入れますが、割水の量を洗面器1杯にし、4日に1回の水替えです。
以前は説明書通りの飼育でしたが、今年は産卵時期が5月〜6月と遅く青水が進むため変更しました。
すると大きな変化が夏頃から出初めました。
当歳の頭の出かたがすごく良いです。
以前は鰓ぶたから頭全体に出る感じでしたが、今年はさらに前方向に出てきています。
バイオ飼育だから割水って思っていましたが、確かに割水は楽で水道代も節約できますが、
良いランチュウを造るとなると、少し考えも変えて飼育した方が良いのかも。
来年は又、違うバイオ飼育を試してみます。
 
 2014年10月

今年、協会系当歳魚に水の帝を使用した感想は、毎年悩まされている6月〜7月に出る
鱗の充血がなくなりました。
室内飼育独特の症状かもしれませんが、一番餌をつけたい時期にこの症状が出ると
厄介なものです。
水替えを多くすれば出にくいのですが、コストと手間を考えると非常に助かります。
昨年、宇野系の冬眠に使用し、冬眠明けの状態も良かったので
現在、冬眠前の協会系にも投入しています。

 2014年4月
この液体バイオを1年間使用し非常に助かり、これからも使っていくので紹介したいと思います。
以前から様々なタイプのバクテリアを使ってきましたが、
こんなに楽チンで強力なバクテリアは初めてでした。
昨年、宇野系の初挑戦と言う事で池が増えたことや、水を伸ばす事を考え「水の帝」を購入。
いままで使ったバクテリアでもよかったのですが、このバクテリアは液状タイプで
水槽に直接投入出来ると言う簡単さと、一般に販売されていないと言う興味本意で使用しました。
さすがにいきなり全部に使用するという事はできませんでしたが、宇野系3腹と協会系の2歳,親に使用。
3月から10月まで100%の水替えをせず、病気も一切かからずシーズンを終わりました。
コストもさほどかからず、投入も3日に1回水槽にポチャっと入れるだけの超簡単。
夏場の水換えも週に1回に3分の1程度で済みます。
品評会後もたいした治療もせず元気です。
水温も5度〜60度までと幅広く、冬眠中もOK(冬場は月に1回〜3回)
今年はもう少し多くの水槽で使う予定をしています。
私の仲間にも少し譲り使用した結果、同じような感じでシーズンをうまく乗り切ったみたいです。

ちなみに「水の帝」自体、他で販売をしていないと言う事なので私が勝手にネーミングしたものです。
私自信が使う分+αしか購入しておりませんが、
ご希望のお客様には販売もしています。
(1リットル5000円+税)


  昨年から液体バイオの中で
元気に泳ぐ宇野系達。
今年から楽しむ予定の江戸錦達
こちらも水の帝を入れました。  

  「水の帝」の特徴
  
   ■ 1℃〜60℃までバイオ菌は生きています。(冬眠時も安心です)
   ■ このバイオ菌は30分で1回、増殖します。
   ■ 水槽についた苔が落ちやすい。
   ■ 匂いが軽減される。
 



        


トップページに戻る